経営情報学会 HOME
お問い合わせ
日本語English 学会概要 活動案内 会員専用 各種情報
Japan Society for Management Information 当学会について 全国大会 変更・退会 公募掲載をご希望の方へ
組織構成 シンポジウム 会員サービス 賛助会員リスト
定款と規約 支部活動 総会・理事会議事録 学会関連書籍のご紹介
入会案内 研究部会・特設研究部会 リンク集
学会誌
学会誌
編集方針
論文一覧
論文募集
投稿規定
執筆要項
論文投稿
委員名簿
経営情報学会誌 編集方針

1993年9月制定
2015年11月改訂

経営情報学会誌 編集委員会
 
「経営情報学会誌」は、経営情報学に関わる独創的な研究成果や応用成果を定期的に刊行するものであり、もって当該領域の研究者・教育者や実務に携わる専門家の間で研究成果を共有し、経営情報に関する学問的知識を整理、統合、発展させ、学会・産業界に貢献することを目的とする。
 経営情報学は、経営と情報システムをつなぐ融合領域に対して、学際的に接近しようとする学術分野である。経営と情報の結びつきは、日々、新たなビジネスの展開を大きく開いている。このようななかにあって、会員が経営情報学の確立と発展に向けた学術論文を発表する場として、学会誌の意義は極めて大きい。
上記の目的を達成するために、われわれ経営情報学会誌編集委員会は、論文採択の基本的な編集方針として、以下の諸点を掲げる。

1.投稿される論文は、独創性originalityや新奇性noveltyをもつとともに、経営情報学の確立と発展に貢献することのできる水準をもつこと。投稿される論文が、独創性をもつことは学会誌ということからして当然のことであるがそれとともに、他の固有領域における研究成果ではなく、経営情報学との関連性を明示し、経営情報学の確立と発展へ向けた貢献が明確に表現されていること。

2.投稿される論文は、理論研究者と実務に携わる専門家の双方にとって関心の深いものであること。理論的な論文においては、実務への応用可能性を、事例研究的な論文においては、単なる事例紹介にとどまらず分析のフレームワークを明示し、一般化ないし理論化への可能性を明示すること。

3.投稿される論文は、論旨が明確でよみやすく、「経営情報学会誌投稿規程」および「経営情報学会誌論文執筆要項」を遵守したものであること。

以上、経営情報学会誌が経営情報学の確立と発展へ向けて、会員の研究・教育・実務を相互に啓発する場になることを希求するものである。


ページの上へ
Copyright 2004 (C) Japan Society for Management Information サイトポリシー