経営情報学会 HOME
お問い合わせ
日本語English 学会概要 活動案内 会員専用 各種情報
Japan Society for Management Information 当学会について 全国大会 変更・退会 公募掲載をご希望の方へ
組織構成 シンポジウム 会員サービス 賛助会員リスト
定款と規約 支部活動 総会・理事会議事録 学会関連書籍のご紹介
入会案内 研究部会・特設研究部会 リンク集
学会誌
シンポジウム
研究部会について
研究部会の設立
セミナーのご案内

  第9回 JASMINプラクティショナーセミナー
「IT/デジタル戦略の過去・現在・未来」
  一般社団法人 経営情報学会
 
 経営情報学会では、外部に向けた情報発信の一環として「第9回 JASMINプラクティショナーセミナー」を開催いたします。当セミナーは、経営情報に関わるテーマについて、企業経営の立場と、学術研究の立場の双方から問題提起しディスカッションを行います。当学会会員のみならず広く一般の方々に参加いただき、是非経営情報学に関する議論の輪に加わっていただければと思います。
 今回のテーマは、「IT/デジタル戦略の過去・現在・未来」となります。ITの世界は変化が非常に早く、このような技術の変化は既存企業の競争力強化だけでなく、新規参入企業による業界自体に大きな変化をもたらす場合があります。このようなIT/デジタル戦略に実務家として、また研究者として長くかかわってきた有識者を招きディスカッションを進めていきます。

 
 
日時:
2020年3月19日(木) 18:00〜20:00 (17:45 開場)

場所:
キャンパス・イノベーションセンター東京(1階 国際会議室)
http://www.cictokyo.jp/access.html
〒108-0023 東京都港区芝浦3−3−6
(JR山手線・京浜東北線 田町駅(徒歩1分)、都営三田線・浅草線三田駅(徒歩5分))

主催:
一般社団法人 経営情報学会

協賛(一部申請中):
一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)、一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITCA)、日本ITストラテジスト協会(JISTA)

プログラム(18:00〜20:00):
  • 開会の挨拶(5分)
  • 講演:(25分)「IT/情報はいかに競争力に寄与するのか?」
    向 正道(日鉄ソリューションズ株式会社人事本部専門部長)
  • 講演:(25分)「DX推進のためにエンタープライズアーキテクチャを如何に発展させるのか〜MIT Sloanのケース研究結果に学ぶ〜」

    宗平順己(Kyotoビジネスデザインラボ代表)

  • 講演:(25分)「DX実現に向けたガバナンス」

    三谷慶一郎(株式会社NTTデータ経営研究所 エグゼクティブ・オフィサー、デジタルビジネスデザインセンター長)

  • パネルディスカッション:(35分)
  • 閉会のあいさつ(5分)

会費:
無料

申込:
https://connpass.com/event/162799/
(2月1日受付開始 先着100名)
ConnpassはID登録が必要となります

経営情報学会HP:http://www.jasmin.jp/index.html
 
連絡先:
一般社団法人経営情報学会事務局
e-mail:jasmin-post@bunken.co.jp

講師略歴
宗平順己 (Kyotoビジネスデザインラボ代表)
京都大学理学部大学院中退後、総合電機メーカーを経て、1986年にオージス総研に入社。コンサルティング部長、ソフトウェア工学センター長を経て、2014年まで取締役執行役員技術部長。在任中は、クラウドインテグレーションセンター、アジャイル開発センター、エンタープライズオープンソースセンター、IoTセンター、データサイエンスセンターの技術系組織とビジネスイノベーションセンターのコンサルティング組織を率いる。2014年より株式会社ロックオン特別顧問 執行役員商流プラットフォーム事業本部長。2016年よりKyotoビジネスデザインラボ主宰し、デジタルリテールやIoT、Logistics4.0に代表されるデジタルトランスフォーメーションを専門研究分野としている。2020年より武庫川女子大学経営学部教授。
主な共著書に「かんたんエンタープライズ・アーキテクチャ」、「百年アーキテクチャ」、「ビジネスモデル設計のためのUML活用」、「実践 J-SOX対応-内部統制システム構築入門-」、「情報システムの分析と調達」等がある
三谷慶一郎 (株式会社NTTデータ経営研究所 エグゼクティブ・オフィサー、デジタルビジネスデザインセンター長)
筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士課程修了。博士(経営学)。企業や行政機関における情報戦略立案や情報システム企画に関連するプロジェクトを実施。近年はデジタルビジネスに関連したコンサルティングを推進している。武蔵野大学国際総合研究所客員教授。情報社会学会理事、日本システム監査人協会副会長。
主な共著書に、「デジタルビジネスの価値を生み出す ITエンジニアのための 体感してわかるデザイン思考」「トップ企業が明かすデジタル時代の経営戦略」「攻めのIT戦略」「CIOのための情報・経営戦略」「CIOのITマネジメント」等がある。
向 正道 (日鉄ソリューションズ株式会社人事本部専門部長)
京都大学工学研究科原子核工学科修了、早稲田大学商学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(商学)。1991年新日本製鐵株式会社(現日本製鉄株式会社)入社、2001年新日鉄ソリューションズ株式会社(現日鉄ソリューションズ株式会社)転籍。同社でコンサルティング部門の立ち上げ、および責任者に従事。立命館大学客員研究員、早稲田ビジネススクール非常勤講師、JUAS「企業IT動向調査」調査委員。2013年〜2017年経営情報学会理事(組織委員)、経営情報学会IT資産価値研究部会主査。
主な共著書に「CIOのための情報・経営戦略―ITと経営の融合」、「経営・事業・ITの三者で進めるITマネジメントの新機軸」、「IT資産の価値と評価 −IT資産がもたらす多面的価値の検討と評価手法の提案−」、「セブン-イレブンとヤマト運輸のIT戦略分析―業界リーダーが持続的競争力をつくるメカニズム」がある。
  
   
ページの上へ
Copyright 2004 (C) Japan Society for Management Information サイトポリシー